研究
HOME > 研究 > 大学院紹介 > 医学研究科案内 > 講座・分野等紹介 > 内科学講座(腎・高血圧内科分野)

内科学講座(腎・高血圧内科分野)

講座・分野紹介

腎臓は常に全身諸臓器と互いに調和を保ちながら、生体内環境の恒常性維持を司っており、その調和が乱れると互いに影響しながら種々の病態が形成されます。私たちの研究と診療の対象は腎臓による生体の恒常性維持機構の破綻をもたらす全ての原因と結果です。

主な研究対象は進行性・難治性の一次性腎疾患、全身性疾患に伴う腎障害、二次性・難治性高血圧、水・電解質・酸塩基平衡異常、骨・ミネラル代謝異常、生活習慣病や加齢に伴う慢性腎臓病、critical care nephrologyを含む急性腎障害、interventional nephrologyを含む末期腎不全医療(透析・腎移植)です。

大学院での教育は、臨床医学の幅広い学識とリサーチマインドに富み、腎臓・高血圧性疾患の病態解明、高度診療及び予防に還元し得る研究を行うことのできる自立したphysician scientistを養成することが目標です。

主な研究内容

◇難治性・進行性腎疾患の診断と治療、疫学、疾病対策

◇多臓器連関(腎と心、脳、腸、骨など)と病態

◇腎不全病態における生体内レドックス制御

◇腎不全医療の質と患者アウトカムの検証

◇加速型高血圧の臓器障害の電気生理学的評価と予後

◇高血圧における大血管障害発症の要因

◇内分泌性高血圧の診断と治療

◇生活習慣病・慢性腎臓病発症進展の要因解析、多因子治療の探索と開発

◇生活習慣病・腎疾患重症化予防のための地域保健医療連携システム など

学生へのメッセージ

臨床医は生涯にわたり、最新の知見に基づく的確な病態把握と診断、エビデンスの適切な解釈と適用、そして患者心理や社会経済的背景に配慮した個別に最善の治療選択などの能力を求められます。若い時期に研究をする意義は、単に科学的成果の追究ばかりでなく、医師としての自己研鑽能力、複雑な課題に対する高度の思考力・判断力と問題解決能力を養うことにあります。医学博士の学位を取得することは、診療の経験に加えこのような修練を積んでいることの一つの証です。

私たちは臨床的な仮説に立脚した基礎的研究や地域住民・患者集団の丁寧な観察と自らの診療実践の検証を通じて、皆さんと共に腎臓・高血圧性疾患の診療水準と疾病対策の向上に貢献するエビデンスを国内外に積極的に発信してゆきたいと考えています。