教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 臨床検査医学講座

臨床検査医学講座

「考える臨床検査」「体験する臨床検査」を基本理念に臨床検査全般に対する理解を深めます。3年生の講義では、検査計画法、検査結果の解釈、治療効果や予後の判定などを学びます。4・5・6年生の臨床実習では、臨床検査全般の実習の他に、患者への検査結果のわかりやすい説明、自らの異常値体験を通じて「患者により添える医師」を養成します。

講座・教室からひとこと

諏訪部 章 教授

諏訪部 章 教授

講座に所属する各人がそれぞれの研究テーマを持って、医学の発展に貢献できるような自由な環境造りをめざしています。また、これまでは中央臨床検査部の臨床検査技師の方々との業務が主でしたが、平成20年4月から「臨床検査科」が標榜可能になり、外来業務も行っています。検査値異常を指摘された方の精密検査、一般健康診断(就学時・就業時)、人間ドックやミニドック、輸血・細胞治療(幹細胞採取や自己血採取など)、院内感染対策など幅広い診療業務も行っています。平成22年7月からは、人間ドックやミニドックを利用された方々には、検査に関する無料の相談も開始し、臨床検査を世間一般の方々に広く認知していただけるよう努力しています。令和元年9月の病院移転後には、附属内丸メディカルセンターにて診療を行っています。

講座・教室の基本理念

医学的診断は、1)医療面接、2)診察および3)臨床検査(広義)の3つの手法によってえられる情報を総合的に判断して行われます。これらのうち臨床検査によって得られる情報がもっとも客観的であり、「証拠に基づいた医療(EBM)」のよりどころと言えます。しかも、臨床検査は日々進歩する最新医学の知識と技術に対応しています。従って臨床検査医学講座の学習は現代における医学教育においてますます重要性を増しつつあります。

3年生では後期に臨床検査の講義を行います。4年生後半から1年間にわたり各グループ1週間の臨床実習が行われますが、臨床検査医学の実習では、テキストが充実しており、実習毎のゴールが明確になっています。特に、採血実習、模擬患者への検査結果説明実習、心臓や腹部超音波検査実習などにおける検査実技OSCEと小テストなどが特徴です。また、5・6年生の高度臨床実習(選択制)では、十分な時間をかけて各検査室を廻り実際の検査業務に触れてもらいます。臨床の生の検査データからその解釈法を学び、医師国家試験あるいは卒後臨床研修に必要な知識・技能・態度を習得します。さらに、「臨床検査科」外来、人間ドック・ミニドック、院内感染対策などの業務を体験し、予防医学や医療安全対策など横断的診療支援の重要性について学びます。

主な研究内容および診療内容

これまで臨床検査医学講座の医師の職務内容は中央臨床検査部との関わりが主でしたが、最近では予防医学の一端としての人間ドック(ミニドックを含む)を担当し、受診者への総合的な結果説明と生活指導を行っています。さらに、平成20年4月からは、臨床検査科が標榜可能になり、健康診断などで検査値異常を指摘された方々の受け皿として、また特定検診(メタボ検診)の受け皿としてますます重要性が増しています。

研究内容は所属する医師の専門性が多彩ですので、臨床検査学全般から、人間ドック・健診医学、呼吸器病学、血液学、輸血・細胞治療学、院内感染対策など広範囲に及び各人が特色ある研究を展開しています。

1.21世紀の検査室運営に関する研究

・患者さんに開かれた検査室の必要性とその実践

・検査部によるチーム医療の必要性とその実践

・患者自身が自分で行うAI搭載呼吸機能検査システム(オートスパイロ)の開発

2.パニック値に関する研究

3.人間ドックの受診者へのフィードバックに関する研究

・人間ドック受診者の生活習慣改善の介入に関する研究

・気軽に受診できる「ミニドック」の試み

4.肺サーファクタントと肺胞II型上皮細胞に関する研究

・肺胞II型上皮細胞からのサーファクタント分泌の画像学的解析

・肺サーファクタント合成酵素(LPCAT1)のクローニングとその調節

5.自己血輸血の採血における副作用に関する研究

6.凝固因子欠損症と血小板機能異常症の分子病態の解析

7.循環器疾患における心臓超音波検査の有用性

8.感染制御における抗菌薬適正使用と耐性菌に関する研究

・抗菌薬適正使用チーム(AST)の耐性菌分離に及ぼす影響

・基質拡張性βラクタマーゼ(ESBLs)産生菌の遺伝子解析

・院内感染としてのクロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の実態調査

・学校保健における院内感染対策の導入効果(インフルエンザ・新型コロナ対策)